コーチング神戸 兵庫県 /みなと神戸コーチ

タイプ別コーチング

タイプ別コーチング

おはよう御座います!

コーチングは傾聴や質問だけでなく

クライアントの特徴を聴き取り相手の特徴

に合わせたコーチングを行うことも大事です。

そしてコーチングをする際、クライントの
分析でよく使われるDISC理論を知っておきましょう。

タイプ別へのアプローチ例

Dominance(主導型)
自分で決めたがる人。まずは目標をしっかり立て、道筋は本人に

決めてもらうとモチベーションアップにつながる。

Influence(感化型)
人の影響を受けたり、合わせたりする人。褒められることや、

一緒に取り組んでもらうことでがんばることができる。

Steadiness(安定型)
変化や大きなチャレンジが苦手。細かく目標を設定したり、

やることが明確であったりするほうが安心する。

Conscientiousness(慎重型)
論理で納得する人。なぜこれをやるべきなのか、やったら
どうなるのか、など根拠を示すと安心して行動できる。

このようにクライアントのタイプによってアプローチを変える
必要があります。

クライントがどんな思考をし、どんな性格の特徴を持つのか、
コミュニケーションを通して知ろうとするコーチの好奇心は
コーチングには欠かせません。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional