コーチング神戸 兵庫県 /みなと神戸コーチ

コーチングでの現状把握

コーチングでの現状把握

画像の説明



こんにちは♪

みなと神戸コーチ@もっさんです!


コーチングでは、目標設定を色々な視点から立てることが出来ます。

例えば、以下のような目標です。


・最終目標(理想)、達成目標(必達、成果)、
行動目標(プロセス、作業)


・長期目標、中期目標、短期目標 



・あり方・企業姿勢(Being)、行動目標(Doing)、
成果目標(Having)


そして、目標が明確になれば、次に現状を

しっかりと把握します。


目標(ゴール)と現状が明確になれば、

両者の間のギャップ(差)はハッキリします。


現状把握とは、クライアントが「今どのような

状態にあるのか(現状)」を確認・理解することです。


クライアントの目標と「今ある姿(現状)」のギャップ

を埋めるために行動するには、目標設定に加えて、

現状を正しく確認・理解することが必要になります。


現状把握は「客観的事実」と「客観的事実をどのように

受け止めてるか」の2つの視点があります。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional