コーチング神戸 兵庫県 /みなと神戸コーチ

井上康生監督の言葉

井上康生監督の言葉

画像の説明



こんにちは♪

みなと神戸コーチ@もっさんです!


連日、オリンピックでの日本メダル

ラッシュで盛り上がってるますね。


そんな中、日本男子柔道の井上康生

監督が、3回戦で延長の末に惜敗した

向翔一郎選手へ向けてのコメントが

目にはいりました。


井上康生監督は、向選手にむけて

「しっかり(課題を)埋めてあげられ

なかった私たち(指導陣)の責任。

向に申し訳ない」


混合団体戦では、『必ずお前に団体で

金メダルを獲らせて帰らせる』と、

向選手に伝えたそうです。


井上康生監督は、向選手の気持ちを良く

理解し、向選手も井上康生監督を信頼して

いる。このコメントを聞いてその様に感じ

ました。


柔道団体戦では向選手も出場し、私は

テレビに釘付けで応援してました。


団体戦では日本は銀メダルでしたが、

日本柔道は史上最多となる金メダル9個、

銀・銅メダルを合わせて12個のメダル

を獲得する大躍進でした。


その影には、井上康生監督と選手たちとの

信頼関係の絆が有ると感じています。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional