コーチング神戸 兵庫県 /みなと神戸コーチ

スタイル別ディスカッションの様子【Cスタイル編】

スタイル別ディスカッションの様子【Cスタイル編】

画像の説明



こんにちは(o^^o)

みなと神戸コーチ@もっさんです!


DiSC理論とは、ウィリアム・M・マーストン博士により

提唱された自己分析手法です。

そして、人間の行動パターンを大きく4つのタイプに分類

しました。


企業やセミナーでDiSCスタイルが同じ人たちで集まって

ディスカッションするといつも同じ様子になる様に感じます。
私の経験からDiSCスタイルが同じ人たちで集まって

ディスカッションすると、どの様な傾向があるかお伝えします。


【会話は整然と、まるで学会発表】Cスタイルチーム


画像の説明


Cスタイルが行動の規範として選ぶのは、正確さです。

話すときも「正確」に伝えようとしますから、

集まった瞬間にわいのわいのはありません。


まずスタイル分けのテキストに目を落とし、

自分の認識は間違っていないか、

ディスカッションで求められていることは

何なのか、もう一度確認します。


そして自分の「正しさ」にある程度自信が

持てるようになってはじめて口を開きます。


ディスカッションの最中も基本的に慎重です

から、言葉が乱れ飛ぶようなことはなく、

誰かが話すと、ちょっと切れ目があって

それからまた別の人が続くといった感じです。


全員が再びテキストに目を落とすといった

光景もしばしば見受けられます。


Cスタイルは正確さを大切に、慎重に

行動する傾向がある様に感じます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional