コーチング神戸 兵庫県 /みなと神戸コーチ

セッションが「一問一答式」となり、クライアントとの間に一体感がない

セッションが「一問一答式」となり、クライアントとの間に一体感がない

画像の説明



こんにちは(o^^o)

みなと神戸@もっさんです!


コーチングセッションにおいて、クライアントとコーチとは、

互いに同じ方向を見る必要があります。


しかし、「一問一答式」のセッションでは、互いに対

立するような関係が出来上がってしまう危険が

あります。


その結果、クライアントのモチベーションは下がり、

自分の中にある答えを探そうとする努力が失われ

てしまい、コーチングが機能しなくなります。


これは、クローズドクエスチョンや提案が多過ぎる

セッションに、よくみられる状況です。


オープンクエスチョンに習熟すると共に、提案の内容、

量、タイミングなどに注意するようにしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional